…2度目の鑑賞です。改めて、大きな画面で見直してみて、リタ・ヘイワースの色っぽさにヤられてしまいました。

フィルムノワールに欠かせないのが、ファムファタール、“ 運命の女 ” ですな。
ファムファタールと言えば、思い出すのがこの「ギルダ」なんですよねぇ、ワタクシ。

リタ・ヘイワースのためだけにあるような映画ですな。

闇金の世界に生きる男たち、グレン・フォードやジョージマクレディたちもなかなか渋くってカッコいいんですけど、リタ・ヘイワースが画面に出てくるとどうしても “ 添え物 ” にしか見えない!(笑)

映画史に残る、ギルダが唄い踊るストリップ・ダンス。よく見ると片方の長手袋を外してるだけなのですよね~。それでいて、あのこぼれるような色気!!!

…まいりましたねぇ。男と女の愛情と憎悪は紙一重、よくワカラナイ男女の機微のお勉強になりますよ。

ラストの、無理矢理なハッピーエンドはどうかと思いますが、ね。