夕暮れ、闇金相談で一日は終わる。
今日の人生は、なかなかよかった。

天気はずっとすぐれなかった。でも、思い立って市役所の用事と、図書館に行くことにした。
どちらも同じ街の延長線上にあるのだけれど、けっこう、遠い。
用事を済ませ、けやきの大木の大通りを抜け、大きな街道に出て曲がり、それからまた桜並木に折れてずっと歩く。
桜、きれいだろうな、と思った。4月に来よう、と思った。
図書館は綺麗で大きく最新式で、カードを作って、お目当ての本も借りた。
百田尚樹の「モンスター」。
Nさんに教えてもらったのだ。
なかなか人間の心理に迫る内容で、読み始めてすぐにやにやしてしまう。